パート薬剤師と常勤薬剤師 - 立場の違いを確認しておきましょう!

パート薬剤師の立場とは?

女性薬剤師の中には、結婚を機に薬剤師パートを選択する方も少なくありません。又、同じ薬局内で仕事をしている限り、患者さんにはパートと常勤の区別はつきません。

調剤に関してもパート薬剤師だからミスが許されるわけではありませんし、服薬指導に関しても然りです。パート・常勤共に薬局の薬剤師という誇りをもって、患者さんに対応するのが本来の薬剤師としての姿です。

しかし、職場内での立場はパート薬剤師と常勤薬剤師は明確に違います。まず、パート薬剤師の場合、取り扱える医薬品が制限されているケースがほとんどです。この状況は、パート薬剤師にとって常勤薬剤師との立場的な差が浮き彫りにされることにも繋がり、転職の要因になることも少なくありません。

只、経営者側としては、常勤薬剤師よりも家庭の事情等を優先させたいことからパート薬剤師を選択している従業員に対して、常勤薬剤師と同等の仕事は任せられないという事情もあります。

実際に、パート薬剤師の仕事に対する意欲を増進させるために、時給アップをした経営者がいましたが、そうなると今度は扶養枠を超えるため、結果的に勤務時間や日数が少なくなり、逆効果だったという話も聞きます。

パート薬剤師は常勤薬剤師ほどの立場は望めなくても、時間に融通がきくなどパートならではのメリットがあるのですから、立場的なものは割り切る他ないと思います。

常勤薬剤師はパート薬剤師より責任ある仕事を任され、薬剤師の立場は上かもしれません。しかし、だからこそ家庭より仕事を優先しなければならない厳しい環境に置かれていることも事実です。

子供の参観日に合わせて休みをとることも儘ならないでしょうし、子供が風邪で熱をだしたからといって欠勤することも簡単にはできません。もしもパート薬剤師という立場が納得いかなくなった時には、何故パート薬剤師を選んだのか、自分の気持ちを再確認してみてください。

パートだからと卑屈にならずに、パートだからこそ自由が利くのだと、そして常勤薬剤師をサポートできる薬剤師として評価され、患者さんから信頼されることが、やりがいに繋がっていくのではないでしょうか。

薬剤師バイトになるための薬学系の大学の入試対策

アルバイト薬剤師になるための薬学系の大学はレベルが高い大学も多いです。そのため、受験で狙っていく方は勉強をかなり沢山しないと合格できない大学もあるので、志望の大学のレベルがどれくらいなのか、良く確認しておきましょう。

受験勉強を始めるのは、その人のレベルにもよりますが、遅くても高校3年生になる前にはスタートした方が良いでしょう。レベルの高い国立の大学の薬学部を狙う場合には、1年半くらい見ておく方が良いと言えます。

勉強の仕方は、まずは過去問を見ておきます。どのくらいのレベルまで自分の学力を引き上げる必要があるのかをまずは確認しておくのです。

ただし、受験勉強を始める前に見ても、どういう問題なのかも良く分からないという事もあります。これは仕方がないので、まずはこういう問題なのかというイメージだけでも持っておきましょう。そこから受験勉強に入りますが、毎月の計画を立てておくのがお勧めです。

どうしても勉強はだらけてしまう時もあるので、そういった時にもどれくらい取り返さないといけないかを、計画を立てておくと把握しやすくなります。毎月ここまではやるというラインを決めて、勉強を進めていきましょう。

私立大の場合は勉強が必要な科目も絞られるので、受験までにじっくりと各教科の対策ができますが、国立大を目指す場合は全ての教科が受験で必要で、満遍なく勉強していく必要があるため、勉強量としては大変になりやすいです。

秋くらいまでには各教科の勉強を一通りめどをつけて、冬からはセンター試験対策に入ります。センター試験はボーダーラインというものがあり、その点数に達していないと合格が厳しいと言われるラインです。

そのため、非常に大切な試験になるため、入念な対策が必要になります。これも過去問を何度も解いて、問題に慣れておきましょう。センター試験が終わったら、過去問を繰り返し解いて、2次試験の対策を行って、勉強を完成させていきましょう。

薬剤師の転職サイトでの転職活動の流れ

最近は転職も珍しい事ではなくなってきています。終身雇用の時代も一昔前のような響きも感じられるようになってきています。転職市場もそれに合わせて活気づいており、様々な転職サイトが登場しています。薬剤師に関しては、薬剤師専門の転職サイトも登場してきています。

こうしたサイトでは、求人もアドバイスをしてくれるアドバイザーの方も薬剤師業界に詳しい方が多いため、とても便利に活用する事ができます。

転職サイトを利用した事がなく、これから利用するという方のために、流れを説明していきます。まずは転職サイトのホームページにいき、新規の会員登録を行います。氏名の他に、住所や氏名、現在のお仕事などを入力していきます。

転職サイトは大手企業が運営しているものが多いので、安心して利用する事ができます。個人情報をインターネット上に入力するのに抵抗があるからといって、適当に入力するのはやめましょう。

登録を行うと、登録の完了通知が入力したメールアドレス宛てに来ます。その後、最近多いのは転職アドバイザーという様々なサポートを行ってくれる方が担当として付いてくれるため、その方から連絡が来ます。電話かメールで連絡して貰えて、面談の日時を設定する事になります。

ここではあなたの現在の状況をカウンセリングにより確認し、求人の紹介や今後の転職活動の進め方について話があるという内容です。連絡は登録から数日の間に来る事が多いです。

面談であなたの希望を伝えると、求人を紹介してもらえます。後日という場合もありますし、カウンセリング当日にもう紹介して貰える場合もあります。

紹介してもらえた求人に興味があれば応募し、指定の日に面接をし、通過すれば採用という流れになります。履歴書や職務経歴書といった書類が必要になりますが、これらの書き方についてもアドバイスが貰えるため、転職サイトやアドバイザーの方を上手く活用すると、転職活動はとてもスムーズです。

↑ PAGE TOP